carbon_main

モーター内部身の回りのさまざまな製品に使用されるモータ。モータにはいくつかの種類がありますが、このうちDCモータ(直流モータ)は効率や制御性がよく小型化が容易で低価格という特徴があります。 自動車の場合、コンパクトカーでも1台に約60個、多い車種では約120個ものDCモータが搭載されています。スタータやオルタネータ、ABS、燃料ポンプ、ワイパ、パワーステアリング、パワーウィンド、エアコンのブロア、ラジエータの電動ファン、スロットルコントロール、ウィンドウォッシャーポンプなど、用途は多彩です。そのほとんどは、「機能部品」と呼ばれる重要部品。スタータが故障すればエンジンが始動できず、電動ファンモータが止まればエンジンがオーバーヒートを起こす。走行や人の生命に関わるため、厳しい品質基準をクリアしなければならない製品なのです。 このDCモータの駆動に欠かせない部品がカーボンブラシ。カーボンブラシが回転する整流子(コンミテータ)と接触し電流を流すことで、回転子(ロータ)の磁界が変化し、固定子(ステータ)の磁界との反発によって回転を続けることが可能となります。カーボンブラシは、カーボンに導電性の高い銅をはじめ、さまざまな材料を混合し、回転する整流子との摩擦に対する耐久性や導電性など、多彩な要求に応えた製品です。

トライスは、60年以上の歴史を持ち、 国内自動車用カーボンブラシにおいては60%以上の市場シェアを持っています。その評価を支えているものは、 研究開発へのたゆまぬ姿勢。中でも、物体表面における摩擦・摩耗・潤滑に関する科学・技術「トライボロジー」の 研究には、いち早く取り組んできました。このトライボロジーに由来する社名「トライス」を掲げた私たちは、これからも小さな、しかし大切な部品一つひとつにこだわり続けます。

Copyrights TRIS Inc. All Rights Reserved.